2013年01月24日

フォトブックが届いた!

10日前に発注したCANONとFUJIのフォトブックが届きました。
右:CANON 左:FUJI

IMG_1685.jpg


CANONのフォトブックは正方形タイプ(B5変形)20ページ
【サイズ】188mm×187mm×7mm
【表紙】ハードカバー・PP光沢加工仕上げ
【本文】半光沢ニス加工処理
【製本】糸綴じ製本
CANONのフォトブックの情報は↓
http://www.imagegateway.net/top.html

FUJI フォトブックハードカバー 写真仕上げ 48ページ
【サイズ】205×145mm(212×150mm)
【印刷の種類 】 印画紙出力
【製本方式】背綴じ・上製本
【表紙加工】マットラミネート
FUJIのフォトブックの情報は↓
http://f-photobook.jp/

手前:FUJI 奥:CANON
IMG_1686.jpg


明らかに印刷の画質は、FUJIの方が勝ってますね。
これまでも、CANONのフォトブックは、粒状感が酷いといってましたが、今回、初めて発注したFUJIは、粒状感もさほど目立ちません。
これまでも、インクジェットプリンタの画質が10点とすれば、CANONのフォトブックの印刷は4点位と思ってましたが、FUJIのフォトブック ハードカバー(写真仕上げ)は7点位でしょうか?

ちなみに同じ条件でプリントをスキャニングしてみました。
まずは、FUJI
IMG_0001.jpg


続いて、CANON
IMG_0002.jpg


はっきり、ちがいがわかると思います。画質は、間違いなくFUJIの勝ちです。
posted by cats4 at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少しでも良ければ○ですね、サムネイル画像でもはっきりわかるほどの違いです。

私はインクジェットの印刷と写真を比べてもグロス系だとはっきり言って違いが分からなくなりました、基本的には写真と印刷では全く違うのですが、目で見た感じでは区別がつきません)^o^(、
ただいたずらに彩度を高め、コントラストを強調した印刷は苦手です、どちらかというと無光沢の顔料プリントが好みですが、黒がまったくしまらないのが難点ですねぇ。
昨今展示写真のプリントに苦慮しております、ネガ原版であることが多いため、fuji系ではデジタルスキャン、この仕上がりがISO100でもISO800みたいなプリントにしてくださいます(^^ゞ、その為Kodakのネガを使いKodakにプリント依頼するか、関東あたりまで出すか、思う仕上がりにするにはなかなか大変です。
意図的に自宅プリントでも出展しますが、そこはスキャンやレタッチの腕も影響するので、余計コストも嵩みます、紙質やインク(プリンター)の種類でも変わってきますしね。

デジタルに変わり、簡単便利ではありますけど、選ぶ目をしっかりしておく事は以前より重要になってる気がします・・・なんて(笑。
Posted by k at 2013年01月24日 23:40
fujiは綺麗でした。
印画紙にプリントしてそれを張り合わせているようです。
CANONは、例えるなら、ワードに写真を貼り付けて、PDFファイル化してオフィスのカラーレーザープリンタで印刷した漢字です。

高彩度の画像は、いやですね。
最近は、テレビでも高彩度でみてていやになる絵づくりがされています。それが普通になってくるのでしょうか?
kさんがおっしゃるように選ぶ目が大切になってくるように感じます。

ネガ原版のプリントなら、自宅暗室しかないかも・・・・(笑い)
Posted by cats4 at 2013年01月25日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。