2011年08月02日

ヘルニアだった!

ヘルニアだった!

4月初めから左手の痺れと左肩の痛みに悩まされて来ました。
最初は、整形外科で手と首のレントゲンを撮ってもらったのですが、異常なし。

その病院でもらった薬を服用していたが、どうも心配なので脳神経外科で脳のMRIを撮ってもらった。異常なし。

原因がわからない。かかり付けの内科で診てもらったら、末梢神経障害と言われ、気長に直すしかないとのこと。

それから、会社の健康診断の問診で再度、整形外科で診てもらうのが良いとアドバイスを頂き、先週の人間ドッグで症状を話すと間違いなく頚椎のヘルニアではないか首のMRIを撮った方が良いと指導を受けました。

昨日、最初に受診した整形外科で首のMRIを受けました。
やっぱり、ヘルニアでした。

原因がハッキリし、スッキリしました。それにしても、病院の他に整体に通ったりして遠回りしました。
posted by cats4 at 04:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ヘルニアですか、完治まで時間かかりそうですね、でも原因がわかると的確な治療方法もあるでしょうし、少し気も楽になられたかと。
私は同じく左手の痺れと左肩の痛み、時には首も曲げられないほどでした、病院に行くことはなかったのですが、5年以上かかりました、今も時々痛みはありますが、首だけでも振り返る事が出来るようになりずいぶん楽です、
ただ代わりに坐骨神経痛?、足を伸ばしたまま前屈できません、太腿の後ろに激痛が走ります、
いつの間にか病気自慢する年齢になっちゃいました(笑。

余談はともかく、ご自愛下さい。
Posted by k at 2011年08月02日 21:36
ヘルニア、とりあえず原因が分かって良かったですね。
私も昨年の病気で、肺炎と分かるまでの数週間はとてもつらい日々でしたが、病名がはっきりすれば適切な治療も出来るので、回復が早まりました。

余り無理をなさらず、ご自愛下さい。
Posted by KEN at 2011年08月03日 08:12
Mr.kさん KENさん こんばんは!

とりあえず原因がわかりホットしています。
いまとなって思えば3月に2度立て続けに首が動かなくなり、寝違えたかと思ってましたがヘルニアだったのですね。

医師からブロック注射も勧められたのですが、リスクが高いと思って投薬とけん引の治療を選択しました。
ヘルニアと少し長く付き合っていかねばならないのかと思ってます(涙)。

投薬は、痛み止めとビタミン剤です。これでほんとうに良くなるのだろうかと思ってしまいますが、とりあえず医師と信じて1ヶ月は続けていこうと思っています。

手が痺れたり、肩が痛んだりすると写真どころでは、なくなります。これから写真を撮り続けるにも健康が大切と本当に思いました。

今は片道10kmの自転車通勤も控えて電車通勤に切り替えるなど、出来るだけ頚椎にショックを与えないようにしています。

若い頃には、思いもしませんでしたが、何種類もの薬をいつも携帯しており、本当に歳を感じます。これからは、このように病気と上手くお付き合いしながら写真ライフを楽しまなくてはいけなくなくのですかね〜〜〜。

ご心配ありがとうございます。
Posted by cats4 at 2011年08月03日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。